事故車

事故車の定義

事故車の定義

事故車とは、事故に巻き込まれたまたは巻き込んだ自動車全ての事を言います。事故の大小に関わらず事故に逢ってしまった自動車全てです。一般的に事故車は査定価格が下がると言われます。しかし事故車の査定額が大きく下がるのは事故車の中でも「修復歴車」だけです。

 

修復歴車については「車の修復歴とは」をご参照ください。修復歴車を簡単にいうと、自動車協会が定めた部分の修復や部品交換を行った車が対象となるわけです。という事は事故にあっても修復歴がなければ何の問題もありません。

 

仮に車の全体に派手に傷だけが入った状態で、自動車協会が定める個所が無事なら、単に傷がある車として査定されます。事故にあっても意外と無事なケースというのはあります。例えば路肩に停車していた時に、後ろからスクーターなどが追突してきた場合などが良い例ですが、基本的にトランクやハッチバック部分に傷は入っても、歪んで修復歴がついてしまう程の大事には至りません。

 

意外と後ろからの追突をされた側ではダメージが少ない事が多いのです。また、自転車なども同じような事が言えます。ですので、事故を起こしたから全てが大幅査定ダウンという事ではありませんので、安心してください。

 

アウディ 故障


ホーム RSS購読 サイトマップ