車 売値

車の走行距離と売値の関係

車の走行距離と売値の関係

今乗っている愛車を手放したいと考慮する場合、値段査定で大事な項目の中に走行距離があります。
中古車の査定で査定額に大きく影響の出る走行距離の基準は一般的に50,000kmという風に言われていますので、走行距離が50,000km付近になってきたら確認の為にも一度査定することを考慮してはいかがでしょうか。
車の価値を大きく決定づける原因の一つとして走行距離があげられますが、年間走行距離10,000kmから13,000km位が自動車業界のボーダーラインの走行距離になっています。
ですので1年間で8,000kmしか走っていなければ、ボーダーラインより走行距離が少ないので車種やクラスにもよって変わりますが基本的に査定額はアップしますし、反対に1年間で20,000kmの走っていれば査定額は下がります。
ですので年間で10,000km位の走行であれば平均的な走行距離ですので査定金額の増減はほとんど影響がありません。
そして総距離で100,000km以上走っている車は、エンジン内の汚れがひどかったり、エンジン自体痛んでいたりするので、買い手が嫌うという事で査定金額は驚く程安くなってしまうのです。
買い換えの予定があるのであれば早めに売るようにしましょう。
ベンツ 故障


ホーム RSS購読 サイトマップ